MENU

妊娠中の肌トラブル防止策

妊娠

 

妊娠すると、日に日に変化する自分の体に驚いてしまいますよね。胸が大きく張ってきたり、お腹が膨らんできたり…妊娠中に経験した肌トラブルと、その経験から、肌トラブル防止策をご紹介したいと思います。

 

私が経験した肌トラブルは二つあります。肌の乾燥と妊娠線です。どちらも、お腹〜胸にかけて悩みました。もともとそんなに肌トラブルがなかったので、肌の乾燥がこんなに辛いと思わなかったです…衣服がふれると痒くて、掻いちゃいけないのに爪で掻いてしまったりしていました。衣服に擦れて痒くても、お腹は一番冷やしてはいけない部分。肌に直接触れる下着をオーガニックコットンのものにかえて、お腹にゴムのあとがつかないよう、パンツやズボンは腰ではいていました。肌への刺激を最小限にすることで、痒みは大分楽になりました。

 

次に、妊娠線。ほとんどケアをしてこなかった私は、ある日、スイカのように膨らんだお腹に筋が入っているのを見つけ、正直かなりショックを受けました…

 

でも妊娠線予防のクリームは使いたくなくて…お値段が結構することと、家にボディークリーム、ボディーオイルがたくさんあること、ネットで、いくら予防しても体質によって妊娠線は防ぎようがない、という情報を見たことがその理由です。なので、体質なのなら諦めよう、でも家にあるもので少し悪あがきしてみよう!と、妊娠前から使っていたボディークリームやボディーオイルをお風呂上がりにお腹に塗るようにしました。

 

結果、肌の乾燥にも効果がありましたし、妊娠線も最小限にとどめられたのではないかと思っています。

 

妊娠線は急激にお腹が出るとできやすい、ということも聞いたことがあったので、日々の食事に気を付けて、体重の管理も実施していました。

 

体質によってあう、あわないはあるかと思いますが、よかったら参考にしていただければと思います。

 

低コスパで優秀なベビーローション

 

妊娠をしてからというものの、肌が乾燥でガサガサになってしまい、特に鼻や手足は粉を吹いてしまうほどに酷くなってしまいました。

 

元から乾燥肌なのですが、妊娠前はハンドクリームやボディクリームは小まめに塗り、洗顔は朝昼きちんとして、化粧水と乳液と美容液は欠かさず行っていたので粉を拭くこともなくサラサラしていました。

 

妊娠中はそれでは追いつかず、夫や母と相談して、初めは通販で売っている物を使おうと思ったのですが、値段が高く金銭的に厳しいところがあったので、安価で保湿性の高いボディクリームを塗って様子を見る事にしてみました。

 

買う条件としては、低刺激で無香料無着色。そしてお腹の赤ちゃんに影響しない安心、安全な物で値段がなるべく安い物。

 

その為、ドラッグストアへ行ったり、いくつかのECサイトを見てみたり、ネットで情報を得ました。

 

結果、ベビーローションやベビーオイルが効果的という事が分かり早速、あとピタを使ってみる事にしました。

 

800円程で手に入り、長女が乾燥肌でガサガサになってしまった時に使った商品で、塗った後もベタつかず保湿性も高く愛用していました。

 

朝起きた時と、お昼とお風呂入った後、そして寝る前の4回塗るように心掛け塗り続けました。

 

すると粉を吹かなくなり、1日中サラサラが続き、痒くなったり赤くなる事も減りとても嬉しかったです。

 

クリームを塗ると、妊娠線予防にも繋がると知って得した気分です。完璧には妊娠線がつかない訳ではありませんが、継続する事が大切だと思うのでこれからも続けていきたいです。

 

このページの先頭へ